-

HOKUSAI REMIX

  • B1Fイベントフロア

体験期間:2021年10月1日(金)~2022年1月中旬予定

HOKUSAI REMIXでは、GINZA 456に現れた葛飾北斎の浮世絵の作品空間の中で、音を使い浮世絵の波や山を動かし、北斎風アバターになって作品の世界に入り込む“想像を超えるアート体験”として2つのプログラムをお楽しみいただけます。

ご自宅からでも楽しめる「HOKUSAI ME」

自分の顔写真を元に葛飾北斎風のアバターを作成し、浮世絵の世界に登場させることができます。GINZA 456だけでなく、世界中どこからでも体験でき、浮世絵の世界でさまざまな人々と一緒に波に乗ることができます。

GINZA 456現地で体感する「BEAT HOKUSAI」

古くから通信手段の一つとされてきた「音」を使い、楽器を叩くことで、葛飾北斎の冨嶽三十六景の作品の波や山を動かし、その波に「HOKUSAI ME」で作った自分のアバターがサーフボードに乗って登場します。

■体験期間: 2021年10月1日(金)~2022年1月中旬予定

■利用料: 無料

■予約: 9月17日(金)より事前受付開始

メルマガ登録はコチラ

■国際通信150周年
2021年は初めて長崎に海底ケーブルが敷かれ、通信のチカラで日本が世界とつながった通信150周年です。日本が通信とともに世界とつながったことで、世界中の文化が日本へ、そして日本文化が世界へ大きく広がるきっかけとなりました。
この150周年を記念して、今も昔も文化の発信地である銀座から、日本文化の象徴であり世界的にも高く評価されている「葛飾北斎の浮世絵」を新感覚アート体験としてお楽しみください。

新型コロナウイルス感染症の流行によって、世界と日本、都市と都市、人と人がつながることが難しい状況の中、日本文化の象徴である「浮世絵」の世界でさまざまな人々とつながることができる体験「HOKUSAI REMIX」を通じて、文化の発信地である銀座から通信とテクノロジーの力を生かした新たな文化体験を発信します。

国際通信のはじまりをご紹介

※コラージュ作品は「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」「冨嶽三十六景 山下白雨」「冨嶽三十六景 御厩川岸より両国橋夕陽見」いずれも山口県立萩美術館・浦上記念館 蔵(浦上コレクション)、「冨嶽三十六景 凱風快晴」「冨嶽三十六景 深川万年橋下」「冨嶽三十六景 相州梅沢左」「冨嶽三十六景 江都駿河町三井見世略図」「冨嶽三十六景 上総ノ海路」「冨嶽三十六景 東海道江尻田子の浦略図」「冨嶽三十六景 相州箱根湖水」いずれも山口県立萩美術館・浦上記念館 蔵(チコチンコレクション)、「冨嶽三十六景 東海道程ヶ谷」「冨嶽三十六景 隅田川関屋の里」「冨嶽三十六景 東海道品川御殿山の不二」いずれも山口県立萩美術館・浦上記念館 蔵を使用しております。

nreal.jpg

CLOSE

予約

2F

新規・機種変更
・各種ご相談等

※事前予約が必要です

B1F

イベントへの参加を
お考えのお客様

※事前予約が必要です
※ご来店にあたっての注意事項などについては、来場についてをご確認ください。

ご来店いただく皆様へ

  • 1、au IDをお持ちのお客様は来店予約いただけます。
    au IDをお持ちでないお客様は、au IDのご登録が必要となります。
  • 2、翌日以降のご来店予約が可能です。
予約をする KDDIサービス受付フロア
予約ページへ遷移します